追加料金なしで読売新聞オンラインのすべての記事が読めます!

彦根の専門職大 開学へ前進

彦根の専門職大 開学へ前進

27年度目指し 予定地決定

専門職大学の新設予定地(彦根市で)
協定を結んだ吉田学園の吉田理事長(左)と彦根市の和田市長=彦根市提供
協定を結んだ吉田学園の吉田理事長(左)と彦根市の和田市長=彦根市提供

 彦根市は、映画やアニメなどの映像制作に携わる人材を養成する4年制の専門職大学の設置に向けて、学校法人「吉田学園」(大阪市)と協定書を締結した。市は「映画のまち」として彦根城や琵琶湖、周辺の山並みなどをロケ地としてアピールしており、和田裕行市長は「映画のまちを目指している本市にとって大きな一歩だ」と期待。2027年度の開学を目指す。(立花宏司)

市と学校法人協定 映画など 地方創生期待

 同学園は、大阪アミューズメントメディア専門学校(大阪市)を運営し、ゲームプログラマーや動画・配信クリエイター、声優などを養成している。

 今回の専門職大学は、JR彦根駅東口から約400メートル南のJR東海道線沿いの市有地2670平方メートルに新設。市が学園に土地を貸し出す予定だ。1学部1学科3専攻科(映画、アニメ、俳優・声優)、1学年100人(計400人規模)を想定しており、人材育成のほか、映画・アニメ産業による地域活性化、地方創生が期待されている。

 市と学園は開学に向け、昨年3月、基本合意書を締結。当初、JR稲枝駅西側地区(4ヘクタール)を予定地としていたが、現場での文化財の調査が想定され断念した。その後、ひこね市文化プラザなど、複数箇所の活用案が浮上したが、最終的に学生の通学などでの利便性を考慮し、かつて自動車教習所があった現在の予定地に決まった。

 今回締結した協定では、文部科学省への認可申請や、土地の賃借に関する手続きなどについて、連携協力するなど具体的な内容が盛り込まれ、開学に向けて一歩前進した。

 今月12日に東京都内で締結式が行われ、出席した和田市長は「今まで以上に連携を進める」と意気込み、同学園の吉田尚剛・理事長は「映画産業を通じての地域貢献を含め、目標達成に近づいた」と力を込めた。

滋賀の最新ニュースと話題

[紹介元] YOMIURI ONLINE 彦根の専門職大 開学へ前進

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です